社長ブログ

社長ブログ AI時代に人間にしかできないこと

2019.01.25

AI時代に人間にしかできないこと

 

皆さんこんにちは、豊田周平です。AIの進化は目覚ましく、今後無くなっていく仕事として電話のオペレーターやレジ係、データ入力などいろいろ挙げられており、どんどんAIが人間の代わりとなって仕事をしていくとされています。そんな中、人間にしかできないことを考えていくのが大切になります。

cfb63a839b3c2a1bc88c6c25cde83c87_s

 

人間にしかできないことって何?

 

人間にしかできないことは「創造的(クリエイティブ)」「感性」だと思います。新しいモノを生み出すのは、人間にしかできません。。

マスコミはAI時代で「職が失われる」とか煽ってますが、工場のいわゆるオートメーションがでてきたた時にも職が失われるって騒がれていましたが、確かに職を失った人はいますが、別の仕事がちゃんと出来ていますし、全ての仕事が無くなるという事はありません。

AI時代になって新しい仕事も出来ていくはずです。

そうやって人間にしかできない仕事は人間に、人間でもAIでもできる仕事はAIに、と済み分けがされていくはずです。

 

コミュニケーション能力は人間のほうが高い

 

簡単な会話であればAIでもコミュニケーションを取れますが、相手の表情を見て話したり、魅力的な話し方をするのは人間にしかできません。

雑談や懇談は、ビジネスでは必要不可欠な要素でもあるので、これからは人間同士のコミュニケーション能力が大切になっていくと思います。

 

これからの時代では、AIがどんどん仕事を便利にしてくれます。

人間では扱えないくらいのたくさんのデータを管理して、探している物をすぐに見つけてくれたり、このデータを探している人の傾向を探るとか、たくさんの画像から共通点を見つけるなど、情報の処理スピードはどんどん速くなってくるので、私たちは「作業」や「雑用」をする時間は少なくなります。

そういった時間が無くなると、考える時間やコミュニケーションを取る時間、いろいろなものを観察したりする時間は多くなるはずです。

これからはそういった人間にしかできない時間をどう活用できるかが、重要になってくると考えています。

 

キャプチャ

 

コメントを残す


このページの先頭へ