対外活動

JPC関西特別講演会 に当社代表豊田周平がパネルディスカッションに参加します

当社代表 豊田周平が副支部長を務めますJPC関西(日本フォトニクス協議会 関西支部)のオンライン講演会のご案内です。

今回のJPC関西特別講演会は本年3月にJPC関西特別顧問で2014年にノーベル物理学賞を受賞された名古屋大学の天野 浩先生をお招きして開催をする予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響により、延期をしていました。

現在も講演会の開催が難しく、講演者の皆様のご理解もいただきオンラインでの開催となりましたので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

当社代表豊田周平がパネルディスカッションのコーディネーターとして参加いたします。

 

JPC関西特別講演会

~『窒化物半導体(GaN)の現状と今後の展開、事業・社会へのインパクト』~

 

【開催趣旨】

 

JPC関西では本年3月にJPC関西特別顧問で2014年にノーベル物理学賞を受賞された名古屋大学の天野浩先生をお招きして、講演会の開催を企画し多くの方の参加希望をいただきましたがコロナ禍で延期をいたしました。

現状では講演会の開催も難しく、講演者の皆様のご理解もいただきオンラインにて開催することにしましたので、皆様方の積極的なご参加をお願い申し上げます。

天野浩先生のノーベル賞受賞の決め手となった青色LED用GaN半導体は、青色LEDだけではなく、紫外線LED、青色半導体レーザー、パワーデバイスなど新たなデバイスが実用化され、多くの分野で応用が進んでいます。

加えて、新型コロナ感染問題に必須である殺菌処理にも大きな注目が集まっています。

今回は天野先生からの総括と照明応用、紫外線応用、レーザー応用を各分野でのエキスパートの方々から現状とその将来展望をお話いただきます。

本講演会が、光技術応用産業に関わる方々にとって、有用な情報交換・意見交換の場となることを期待しております。皆様方の積極的なご参加を、宜しくお願い申し上げます。

 

 

【講演会概要】

 

■ 日時:2020年9月2日(水) 13:30〜17:00
■ 方法:Zoom Webinarによるオンライン開催
■ 主催:特定非営利活動法人日本フォトニクス協議会JPC関西
■ 協賛:(一般社団法人)レーザー学会、可視光半導体レーザー応用コンソーシアム(VLDAC)
■ 後援:オプトロニクス社
■ 募集人数:100名(事前登録制で定員になり次第〆切とさせていただきます。)
■ 参加費(振込またはクレジットカード)
○ 一般:5,000円
○ JPC関西会員:無料 (法人会員としての参加は3名まで可能です。)
○ JPC関西ABPI研会員:無料 (法人会員としての参加は3名まで可能です。)
○ JPC会員:3,000円 (法人会員としての参加は3名まで可能です。JPC会員にはWeb会員は含みません。)

 

【プログラム】

 

*「LEDが拓く照明の可能性」

井上 容子(放送大学奈良学習センター所長・特任教授、工学博士、奈良女子大学名誉教授、前奈良女子大学理事・副学長、前照明学会会長)

*「青色および緑色VCSELとその応用」

濱口 達史(濱口 達史(ソニー株式会社 R&Dセンター Tokyo Laboratory 06, VL Gp、シニアVCSEL サイエンティスト)

*「深紫外線LEDを用いた汎用型水殺菌モジュールについて」

宮内 淳(日機装技研株式会社 UV-LED事業 営業部 グループリーダー)

*「窒化物半導体が拓く未来」

天野 浩(JPC関西特別顧問、名古屋大学教授)

*パネルディスカッション 「窒化物半導体(GaN)の今後の展開、事業・社会へのインパクト」

パネリスト:天野 浩、井上 容子、濱口 達史、宮内 淳、山本 和久(JPC関西副支部長、大阪大学レーザー科学研究所 教授)
コーディネーター:豊田 周平(JPC関西副支部長、豊田産業㈱代表取締役)

詳細はこちらをご覧ください。

お申込みは こちらからお願いします。
【確定版】20200902 オンライン講演会案内0707 (1)_ページ_2

【確定版】20200902 オンライン講演会案内0707 (1)_ページ_3

このページの先頭へ